YouTubeでフィットネス情報発信中!

「フィットネスは変化が楽しい」インストラクター・松本佳耶がネガティブを克服できた理由とは?

フィットネスインストラクターの松本佳耶(まつもと・かや)さんは、都内でエアロビクスやダンスフィットネスのグループレッスンを中心に活動されています。
今日は人気インストラクターでありながら、苦悩を乗り越えてきた松本さんのフィットネスライフについてお聞きしてきました。

松本佳耶さんのインタビューを動画で見る方はこちらから!

松本佳耶の経歴

インタビュアー
笹森

松本さんの経歴や活動状況をお聞きしてもよろしいでしょうか?

松本佳耶さん

フィットネスインストラクターとして、関東圏内のスポーツクラブで、グループレッスンを担当しています。
具体的に言うと、エアロビクス・ステップ・ダンスエアロビクス。
あとは、グループレッスンのトレーニング・ストレッチ、初級レベルのヨガを担当しています。

養成講座や専門学校の先生も務める

インタビュアー
笹森

ヨガもやってるんですね…!

松本佳耶さん

実はやってるんですよ。
あとはエアロビクスの養成コースの講師だったり、様々なエクササイズ動画コンテンツに出演させて頂いたりしています。

インタビュアー
笹森

結構、先生側・講師側の活動もありますもんね。

松本佳耶さん

そうですね!専門学校の授業なども担当させて頂いています。

インタビュアー
笹森

エアロビクスの先生としての経歴をお伺いしてもよろしいですか。

松本佳耶さん

23歳でゴールドジムさんのエアロビクス養成コースに通い、24歳になった時にデビューといった形でした。

松本佳耶さんの先輩で、エアロビクスの人気インストラクター・原田京さんの記事はこちら!

エアロビクスを選んだ理由

インタビュアー
笹森

そもそもエアロビクスを選んだ理由はどういった理由でしょうか?

松本佳耶さん

日本体育大学を卒業したんですけど、何もやりたいことがなくて…。
先輩の紹介でOL、土木関係の事務仕事に就いたんですよね。それは半年くらいで自分に合わないなと思い、そこから何をやろうかなと考えました。
実は高校時代には新体操をやっていまして、その影響でジムに通うようになっていて、そこでエアロビクスに出会ったんですよ。

インタビュアー
笹森

へー!高校生の時にですか?

松本佳耶さん

そうですね。エアロビクスをやってひたすらダイエットに励む日々。そして部活もやるみたいな両立していたときがありました。
その楽しさと、ダイエットの成果みたいなものを味わった記憶が忘れられなくて…
OLを辞めたいと思ったときにまたジムに通い始め、そこでエアロビクスを受けたときに「これだ!」と思って。それからは、社会人1年目で正社員を辞め、アルバイトをしながらインストラクターの仕事をしていました。

インタビュアー
笹森

ちなみに高校生でジム通ってエアロビクスやる人って少ないと思うんですけど、その時はなぜエアロビクスだったんですか?

松本佳耶さん

高校生は私だけだったと思います。
短いスパンでいかに痩せるかというのを目標にしていたので、何かグループレッスンに出ようと思った時に消去法で「エアロビクスが一番激しそう、痩せそう」と思って。
本当は良くないんですけど、サウナスーツを着て、長袖長ズボンを履いて中上級のレッスンをガンガンやっていました。

ネガティブで落ち込むことがあった

インタビュアー
笹森

今の立場になるまで一番大変だったことはありますか?

松本佳耶さん

養成コースの先生だったり、ダンスコンテストで優勝させてもらったりとありがたいことに色々な経歴をいただいてきました。しかし、その中で「しっかりしてないといけない」「しっかりしなきゃ」とか、自分をよくみせたいと思ってしまったんですね。
一時期それを考えすぎてレッスンがお堅くなってしまった時期や、人とのコミュニケーションも硬くなってしまったりしました。私のレッスンを受けててみんな楽しいのかな、つまんなくないのかなと、ネガティブな方向に行きすぎちゃってその時期は「レッスンするのきつ!」って思ってしまったんですね。

インタビュアー
笹森

そこからどのように改善していったんですか?

松本佳耶さん

仕事と普段のしゃべり方とか、性格とかも完全に分けすぎてしまったと気づきました。実は真面目な松本はあまり求められてないんだなって。
もっと友達としゃべる感覚でレッスンしようと思って臨んだ時に、周りの反応が良かったり、笑ってくれたりしたんです。敬語を使わなすぎるのも良くないけど、お客さんも楽しんでくれているように見えて、何か見つけた感じになりましたね。

松本佳耶さんが思うフィットネスのメリットとは?

インタビュアー
笹森

その他に、フィットネスで自分自身を改善できたところはありますか?

松本佳耶さん

運動することで気持ちも前向きなるし絶対自分にはかかせないものだなと思っています。 ちっちゃく落ち込んでいるときは体を動かして気持ちの面もポジティブに持って行ったりとかリフレッシュさせるようにはしています。

インタビュアー
笹森

実際にネガティブになった松本さんが言うのだから、信頼性がありますね!
気持ち面以外でのフィットネスのメリットはどこに感じていますか?

松本佳耶さん

変化が楽しいなって思いました。一週間くらい継続するだけでもちょっと体が変わったり、気持ち的な面でもポジティブな方に変わっていったりとかちょっとした変化が楽しくて続けようと思います。 長く続けると、どんどん変化していって楽しくなっていって、一時期ボディメイクにもハマりました。もちろんボディメイクだけでなくエアロビクスでも通ずることです。 継続するためにも変化を楽しむというマインドが強いですね。

準備をすることが一番大事

インタビュアー
笹森

専門学校の先生も行っているとのことでしたが、その際の指導では何を大事にしていますか?

松本佳耶さん

専門学生もインストラクターになりたい!って人はゼロなんですよ。みんな目標が違うのでその中で、最終的には「しっかり準備すると成功するよ」というところを言っていました。 少しでもその中でインストラクターやエアロビクスに興味をもってくれたらより嬉しいですが、各自目標が違うのでちょっとでも心が動いてくれたらいいなと思いますね。

インタビュアー
笹森

準備すれば成功につながるというのは、なにか経験されたことがあるんですか?

松本佳耶さん

ダンスのコンテストに出る時ってかなり準備を重ねていくんです。寝てる時も、「寝てて良いのかな」と思うほど。今までの経験上、しっかり準備をした時はうまくいっていたので、それを伝えたかったなといった感じです。

インタビュアー
笹森

松本さんは性格が明るくて、人前で話すのも得意だと思います。実際に学生さんにも人前で話すことについてを指導したとおっしゃっていましたが、人前に立った時に意識していることは何ですか?

松本佳耶さん

実は人前でしゃべるのがあまり得意じゃないんです。だからこそ自分が明るくいるということ、ちゃんと一人一人と目を合わせて話したり…。
やっぱり明るい自分でいることかな!
私も客観的に見たときに、ぼそぼそしゃべっている人より明るくてキラキラしている人についていきたいと思うし、例えば夜のレッスンで既に疲れてはいるけど、もうひとリフレッシュしたいですよね。その状況で暗いレッスンをするよりかは明るくふるまっている人の方が受け手側としても楽しいと思うんですよ。人前に立つ以上明るくいようと心がけています。
特に自分がネガティブな状況になった以降は、ポジティブでいようと意識しています!

松本佳耶さんのインタビューを動画で見る方はこちらから!

プロフィール

松本佳耶(まつもと・かや)

●経歴
・A.E.Cエアロビクスインストラクター養成コース講師
・ドラマ「極主夫道」エアロビクスシーン振付・出演
・バラエティ番組「ぐるナイ」出演
・フィットネスアプリ,教材DVD等多数出演
・各地出張イベントレッスン担当

●受賞歴(指導者コンテスト)
・2020 ROOKIE CONTEST 優勝(歴代女性初優勝)
・2021 DANCE FITNESS CONTEST 優勝

幼少期より新体操とバレエを始め、大学時代はダブルダッチに取り組み、世界大会に出場。現在はフリーのフィットネスインストラクターとして、エアロビクス・ステップ・ヨガなどのレッスンを担当させて頂いております。幼少期より新体操とバレエを始め、大学時代はダブルダッチに取り組み、世界大会に出場。現在はフリーのフィットネスインストラクターとして、エアロビクス・ステップ・ヨガなどのレッスンを担当させて頂いております。

インタビュアー

笹森大生(ささもり・だいせい)

  • トーキョーフィットネス株式会社 代表
  • パーソナルトレーナー

大手フィットネスジムにて実績を積み、フリーランスのパーソナルトレーナーへ転身。現場において1000人以上の方へ指導・カウンセリング・コミュニケーションをとってきたことから、フィットネスのための情報をより多くの人に発信していきたいと思い「トーキョーフィットネス」を開設。
また、銀座のブライダルドレスショップと提携をし、ブライダルのためのボディメイクサポートプランも手がける。

■生年月日 1997年12月15日
■出身地 青森県出身
■保有資格
・NSCA-CPT(全米エクササイズ&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー)
・Animal Flow Lv.1 Instructor

<編集・文/トーキョーフィットネス編集部 写真/秋田、松本さん提供>