YouTubeでフィットネス情報発信中!

〜MUSASHI愛用者が語る”僕のムサシ”〜 第8回 『多機能水分補給ドリンク REPLENISH!』

MUSASHI事業部やMUSASHI愛用選手によって、お勧めのMUSASHI商品をご紹介いただく、「僕のムサシ」シリーズ。
第8回目である今回は、MUSASHI事業部の林 武宏(はやし・たけひろ)さんに『REPLENISH(リプレニッシュ)』について解説していただきました。

僕のムサシ 第8回担当

林 武宏(はやし・たけひろ)

  • インフィニティ株式会社 MUSASHI事業部
  • 元高校球児(40年前)

本日お勧めするするのは REPLENISH です!

REPLENISH

運動中の最も重要な栄養素である「水分」が体内で最大限に生かされるようデザインされたドリンクです。 エネルギー源として4種類の糖質を含み、長時間の運動で起こりがちな筋肉トラブルや集中力低下を防ぐと言われるクエン酸やBCAA、 L-グルタミン、塩化ナトリウムなどを含んでいます。

MUSASHIとの出会い

–MUSASHIとの出会いをお聞きしてもよろしいでしょうか?

林さん

学校を卒業してからスポーツ用品メーカーのWilsonで野球用品とゴルフ用品の営業をやってました。

知るきっかけはゴルフの試合を観戦した際に、藤田寛之プロのサンバイザーにMUSASHIロゴが載っていたのがきっかけです。

REPLENISHの効果とは?

–今回のREPLENISHが一番おすすめというのは、利用者(選手とか)が多いということもあるのでしょうか?

林さん

REPLENISHはMUSASHIの中で、唯一のドリンクタイプです。社会人野球チームや大学、高校などで、水分補給用のドリンクとして扱ってくれています。特にこの時期(夏)は熱中症対策にもなります。

–一般的なスポーツドリンクとの違いはどんなところでしょうか?

林さん

一般的なスポーツドリンクとは全く違って、人工甘味料を全く使ってないので、身体への負担もなく、排尿からの脱水もありません。なので、疲れにくかったり熱中症対策にもなります。足も攣らないというのもセールスポイントですね。

–選手からの実体験などもございますでしょうか?

林さん

ゴルフの藤田プロとお話しする機会が会った時に聞いたのですが、とある遠征にREPLENISHを少なめに持っていき最終日に切らしたことがあったそうです。その時、REPLENISHがあるとないとでは自身の調子も全然違い、熱中症になりかけたと言っていました。

そういった藤田プロの影響もあり、周りのプロの方も使ってくれています。

※藤田 寛之は、福岡市東区出身のプロゴルファー

–実際の効果としては、水分補給、熱中症対策といったところですかね?

林さん

そうですね。この時期(夏)だとそうなりますね。
スポーツや季節関係なく、偏頭痛も改善されたという話も聞いたことがありますね。二日酔いも復活するということも言われてますね。
それと、選手の声なのですが飲んだ後もお腹がチャポチャポしないとも聞いてます。

–それはなぜでしょうか?

林さん

吸収ですね。吸収効率が良いので、胃に溜まらないんだと思います。

あと、味でいうとベタベタしないのも利点ですね。

プロアスリートも愛用

林さん

ゴルフのプロの方、男女共に利用してくれている方は多いですね。特に、藤田プロや佐藤プロが愛用してくださっています。

佐藤プロ(佐藤靖子選手)はママさんゴルファーですが、プロ入り22年目で、やっと優勝できたのはMUSASHIのおかげですと、うれしいお言葉もいただきました。

–ヤクルトスワローズの山田哲人選手もMUSASHI商品を愛用されていると伺いました。

林さん

そうですね。山田選手は2015年1月から愛用し、「打率3割、30本塁打、30盗塁」のトリプルスリーを複数回達成。

近年では、東京五輪野球でMVP選出されてます。

藤田プロによる「ゴルフでリプレニッシュを生かす方法」はこちら!

商品詳細

REPLENISH

主成分

蔗糖、マルトデキストリン、葡萄糖、果糖、食塩/クエン酸、L-グルタミン、クエン酸ナトリウム、クエン酸カリウム、L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシン、ビタミンC、ビタミンE

1袋(35g)当たり

エネルギー125kcal
タンパク質1.3g
脂質0g
炭水化物30g
食塩相当0.6g
REPLENISH栄養成分表

サイズ/価格

10袋入り2,200円(税込2,376円)
30袋入り5,700円(税込6,156円)
サイズ表

飲み方のポイント

リプレニッシュ1袋分の粉末を、500mlの水に溶かします。完全に溶けるまでよく混ぜてください。(※本商品は正確な濃度でお飲みいただくことが重要です。この分量をお守りください)→濃度の変動に伴う効果