YouTubeでフィットネス情報発信中!

腹筋は毎日やれば割れる?腹筋毎日のメリットと腹筋を割る方法を解説!

腹筋を毎日行うことで、腹筋を割ることを目指している方が多いようです。
実際に腹筋毎日行えば、腹筋を割ることができるのでしょうか?
ぜひ最後までご覧ください。

教えてくれた人

笹森大生(ささもり・だいせい)

・NSCA認定パーソナルトレーナー
・ゴールドジム公認パーソナルトレーナー
大手フィットネスジムにて実績を積み、フリーランスのパーソナルトレーナーへ転身。現場において1000人以上の方へ指導・カウンセリングの実施。
現在、銀座のブライダルドレスショップと提携をし、ブライダルのためのボディメイ
サポートプランも手がける。

記事を動画で見たい方はこちら↓

トーキョーフィットネス公式YouTube

腹筋毎日でお腹は割れる?

腹筋を割る方法

基本的に腹筋は脂肪を減らせば割れます。これは、ある程度知られていることではありますが、やはりこれが一番重要です。まずはしっかり体全体の脂肪を減らすことを目指しましょう。

腹筋トレーニングをする理由とは

ボディメイクをするために腹筋トレーニングをするというのは、腹筋という筋肉そのものを大きくするために行います。
つまり、他のトレーニングと同様、筋肉を大きくするために高強度の腹筋を週に1回は最低でも取り入れるべきと考えましょう。

つまり腹筋は毎日やったら割れる!というのは正確に言うと間違いです。
いかに腹筋を筋肥大させられるかが、トレーニングでは重要です。

腹筋毎日やるメリットと理由

ベンチプレスを毎日する理由を考える

ベンチプレスに例えると、エブリベンチと言って毎日ベンチプレスをする人もいます。
実際にパワーリフティングで世界チャンピオンとなった佐竹優典さんも、ベンチプレスを毎日行った時期があったとおっしゃっています。
ただこれは、スポーツと同じで、反復をすることで技術や感覚を保つということに近いのです。つまり毎日高強度のベンチプレスをしているわけではなく、実際に毎日自分のマックスの重量と回数を更新するのは不可能です。
1日全力でトレーニングするとその翌日などは疲労のせいで、基本的に全く重量が上がりません。

腹筋を毎日する効果

腹筋の話に戻ると、毎日行うということは腹筋を筋肥大させるためのトレーニングではなく、「腹筋トレーニング」という運動を反復していることになります。
また、脂肪を落とすための有酸素運動になっている可能性が高いということです。

つまり、反復運動をして、脂肪を落とせば腹筋が見えやすくなりますし、何よりベンチプレスで解説したように、毎日やることで腹筋の意識がしやすくなりトレーニングの質が上がります。
「腹筋毎日」というのは一つの方法として取り入れることはとてもいいことだと言えます。

腹筋を割るためには高強度のトレーニングもやる

冒頭でも話したように、他の筋トレと同様、週に1回は高強度の腹筋トレーニングを行い腹筋を筋肥大させることが割れた腹筋を作る最大の近道です。

おすすめの高強度腹筋トレーニング

①アブドミナルクランチ

ジムでしかできないトレーニングですが、重量を上げてトレーニングできるので高強度のトレーニングが可能となります。

  1. 股関節から曲げず、おへそを覗き込むように背中を丸めて動作する。
  2. 足の力を使わない。
  3. 呼吸をしながら行う。基本的に丸めるときに息を吐き、戻すときに息を吸いましょう。
YouTube「ルネサンスチャンネル」様より

②アブローラー

家でも可能なトレーニング方法です。とても強度が高いので、上級者向けのトレーニングです。

  1. 背中を丸め、腹筋に力が入った状態で行う。
  2. 動作中おへその位置を下げたり、背中を反らせないように注意する。
  3. 足の力を使って動作しない。
YouTube「アクトレブログ」様より

まとめ

よく腹筋は他の筋肉と別の考え方で考えられやすいですが、そんなことはありません。もちろん全くやらないよりは、毎日低強度の腹筋を行った方が筋肉はつきますが、高強度のトレーニングを行い、疲労を抜いたらまた高強度のトレーニングをする。

これが腹筋をしっかり育てる方法となります。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

<文・編集・動画/トーキョーフィットネス編集部、YouTube ナレーション/梅田貴裕 画像/Canva >

トーキョーフィットネス公式YouTube