今話題のチョコザップを徹底調査

肩こりの原因と悪化するとどうなるのか。対処法も解説します。

本ページはプロモーションが含まれています

多くの人が苦しむ肩こりはどんな原因で引き起るのでしょうか。
今回は肩こりが起きる原因と悪化した場合最悪どのようになるのかを解説します。また対処法も記載しますので是非最後までご覧ください。

肩こりとは

肩こりは、肩や首の筋肉の緊張や硬直によって生じる症状です。一般的には、肩や首の周辺で痛みや違和感を感じる状態を指します。肩こりは非常に一般的な問題であり、多くの人が経験することがあります。

肩こりの主な症状

肩こりの主な症状には、以下のようなものがあります。

  1. 痛みや張り: 肩や首の筋肉が緊張しているため、痛みや張りを感じることがあります。痛みの程度は個人によって異なり、軽度なものから激しい痛みまでさまざまです。
  2. こり感や硬さ: 肩こりでは、筋肉が硬くなり、触れるとこり感を感じることがあります。首や肩を動かす際に制限を感じることもあります。
  3. 首や肩の可動域の制限: 肩こりが進行すると、首や肩の可動域が制限されることがあります。首を回したり、肩を上げ下げしたりする際に違和感を感じることがあります。
  4. 頭痛やめまい: 肩こりが進行すると、血流や神経の圧迫が起こることがあり、頭痛やめまいの症状が現れることがあります。

肩こりの原因となりやすい人の特徴

肩こりになりやすい人

肩こりになりやすい人には、以下のような特徴があります。

  1. デスクワークやパソコン作業など、長時間同じ姿勢で働く人: 長時間のデスクワークやコンピュータ作業は、肩や首の筋肉に負担をかけるため、肩こりのリスクが高まります。
  2. 運動不足で筋力が低下している人: 適度な運動不足は筋肉の血行不良や筋力の低下を引き起こし、肩こりの発症を促します。
  3. ストレスが多く、心身の緊張が続いている人: ストレスは筋肉の緊張を引き起こし、肩こりの原因となります。日常的にストレスが多く、緊張が続いている人は肩こりになりやすい傾向があります。
  4. 姿勢が悪く、背中や首に負担がかかる人: 姿勢の悪さは肩こりの一因となります。前かがみの姿勢や背中の丸め方によって、肩や首の筋肉に余分な負担がかかります。
  5. 睡眠不足や不規則な生活リズムを送っている人: 睡眠不足や不規則な生活リズムは身体の回復を妨げ、筋肉の緊張を引き起こすことがあります。

肩こりの原因をまとめると

以上の特徴を持つ人々は、肩こりになりやすい傾向がありますが、この内容から肩こりの原因をまとめると下記のようになります。

  • パソコン作業などのデスクワーク
  • 運動不足で血行不良
  • ストレスが多い
  • 姿勢が悪い
  • 不規則な生活を送っている
  • 不適切な寝具を使っている
  • 体が硬い人

上記に当てはまる人は肩こりになりやすい、または既になっていて悪化する恐れがあると言えます。

肩こりが悪化すると何が起こるの?

肩こりが悪化すると、いくつかの悪影響が生じる可能性があります。

慢性的な痛みと不快感

肩こりが悪化すると、慢性的な痛みや不快感が生じる可能性があります。これは、日常生活や仕事のパフォーマンスに悪影響を及ぼし、快適な生活を妨げることがあります。

運動制限

肩こりが進行すると、肩や首の可動域が制限される場合があります。これにより、日常の動作や運動に制約が生じ、生活の質が低下する可能性があります。

集中力の低下とストレス

慢性的な肩こりは、頭痛や首の痛みといった症状を引き起こすことがあります。これにより、集中力や認知機能が低下し、仕事や学業に支障をきたす可能性があります。また、慢性的な痛みはストレスを引き起こし、心理的な不快感を増加させることがあります。

睡眠障害

肩こりが悪化すると、寝ている間に痛みや不快感が増加することがあります。これにより、十分な睡眠をとることが難しくなり、睡眠障害が引き起こされる可能性があります。睡眠不足は、全体的な健康や生活の質に悪影響を及ぼすことが知られています。

合併症のリスク

長期間にわたって肩こりが悪化し続けると、他の健康問題が発生する可能性があります。例えば、頭痛、めまい、首の痛み、腕や手のしびれなどが現れることがあります。また、肩こりが原因で姿勢が悪くなり、さらに慢性的な姿勢の歪みや関節の問題が生じる可能性もあります。

最悪の症状になる前にしっかりと対処していくことが大事です。

肩こりの対処法

肩こりは、専門医で治療することをおすすめしますが、普段の姿勢が悪化していたり、日常動作から肩こりが起きてしまう状態でいるといつになっても改善されません。ここでは肩こりの対処法を解説します。

肩こり対策グッズで対処

こんなもので肩こりが治るのかと不安になる方もいると思いますが、かなりおすすめの商品があります。
次にあげる商品は、肩こりが即効的に楽になり継続的に肩こりの発症を抑える優れものなのでぜひ使用してみてください。

LuLufeel

首につけておくだけという便利なLuLufeelですが、おすすめの理由として以下のような効果が期待されます。

  1. EMS(電気刺激)効果: EMSは電気刺激を用いて筋肉を刺激する技術です。LuLufeelのネックリラクゼーションは首や肩周辺の筋肉にEMSを適用し、筋肉の緊張をほぐす効果があります。筋肉が緊張していることが肩こりの原因の一つであるため、EMSによる刺激は筋肉の緊張を和らげる効果が期待できます。
  2. 温熱効果: LuLufeelは温熱機能を備えており、首や肩に温かさを与えることができます。温熱は血流を促進し、筋肉の緊張をほぐす効果があります。血流の改善によって酸素や栄養素が適切に筋肉に供給され、緊張が解消されることで肩こりの症状が軽減される可能性があります。
  3. 快眠促進: LuLufeelは安眠グッズや快眠グッズとしても利用されます。肩こりは睡眠の質や姿勢の影響を受けることがあります。LuLufeelの快眠効果によって、良質な睡眠を得ることができると、疲労回復や筋肉のリラックスに役立つことが期待されます。

ただし、個人の状況や体質によって効果は異なる場合があります。LuLufeelや他の肩こりグッズを使用する際には、自身の体調や感じ方に注意しながら利用し、適切な使い方を守ることが重要です。また、肩こりが慢性化している場合や重度の症状がある場合には、医師や専門家に相談することをおすすめします。

肩こりに効くおすすめストレッチ

トーキョーフィットネスアンバサダーのSHIORIさんにおすすめのストレッチも解説してもらいました。
続きはYouTubeにてご覧ください↓

肩こりを治すためには筋トレもおすすめ!

筋トレをすることでi以下の理由から肩こりを改善することができます。

  • 筋肉のバランスの改善
  • 筋肉の強化と姿勢の改善
  • 血液循環の改善
  • ストレスの軽減

また、下記の記事では肩こりに効くおすすめの筋トレを細かく解説しているので是非ご覧ください。

まとめ

肩こりの原因をまとめると

  • パソコン作業などのデスクワーク
  • 運動不足で血行不良
  • ストレスが多い
  • 姿勢が悪い
  • 不規則な生活を送っている
  • 不適切な寝具を使っている
  • 体が硬い

となっており、この項目にひとつでも当てはまる人は肩こりになりやすい、または改善することが難しいでしょう。

また、肩こりが悪化すると下記のような事態になってしまいます。

  • 慢性的な痛みや不快感が生じる
  • 日常の動作や運動に制約が生じ、生活の質が低下する
  • 睡眠障害が引き起こされる
  • 頭痛、めまい、首の痛み、腕や手のしびれなどが現れる

ぜひ本記事で紹介した対処法を参考にしていただき、肩こりを改善していきましょう!